不登校新聞

451号 2017/2/1

甘えてくる息子、母親はどう接したらいい?

2017年01月27日 16:02 by koguma
2017年01月27日 16:02 by koguma



 最近、息子が甘えてくるんです。同じ部屋で寝ようとしたり、ソファに座っていると寄りかかってきたり。もう中学2年生なので、母親にべったり甘えてくるのもよくないと思うんですが、どうしたらいいでしょうか。
 
 先日、このようなお話を聞きました。児童精神科医や不登校の子を持つ親への取材を重ねてきた経験から言えば、何も問題ありません。「どうやってやめさせようか」と考えるのではなく、できるかぎり甘えさせてあげてください。
 
 中学2年生にもなって、男の子が母親に甘えるなんて話はあまり聞きませんし、それを許しては「子どもの自立心によくないんじゃないか」と考えてしまうかもしれません。また、成長期まっただなかの息子を前に、肉体の成長と反比例するような言動に違和感をおぼえる場合もあるかもしれません。
 
 しかし、くり返しになりますが、息子が母親にべったり甘えてくるというのは、さして問題ではありません。というのも、仮に甘えてくるのが娘であった場合、息子である場合と同様に問題だと感じるでしょうか。
 
 冒頭にご紹介した例ですが、なぜ息子は母親に甘えてくるのか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「私はずっと孤独でした」不登校の悩みを共有できる味方が見つからず苦しんだ母親に訪れた転機【全文公開】

619号 2024/2/1

「生活費の不安で押しつぶされそう」2人の息子が不登校したシングルマザーが限界の日々を抜け出せた理由【全文公開】

616号 2023/12/15

「あなたの味方だよ」かつて不登校だった私が、母親として不登校のわが子に伝えたこと

616号 2023/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…