不登校新聞

307号(2011.2.1)

不登校世帯に"対策とらず" 高校無償化に伴う税負担増問題

2013年07月23日 14:20 by kito-shin
2013年07月23日 14:20 by kito-shin

"対策とらず" 政府 方針転換


 高校無償化の実施にともなう税制改正で、不登校や高校中退者がいる世帯の税負担が増える問題をめぐり、政府は「負担増になる家計には何らかの対応を取る」としていた方針をひるがえし、新年度予算案で負担軽減策を盛り込まない方針を決めた。高校無償化と連動する形で、不登校世帯などには逆に不利益が生まれる仕組みが固定化する見通しとなった。

 文部科学省高校無償化支援室の担当者はFonteの取材に対し「定時・通信制高校生徒への奨学金制度を予算要求したが実現しなかった。不登校世帯への対策は検討していない」と説明した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールに通う不登校家庭に都が年最大12万円支給 調査協力を条件に

582号 2022/7/15

不登校対応はどう変わるか 最新の有識者会議報告書の要点を本紙記者が解説

582号 2022/7/15

「同じ立場の仲間に出会える」不登校の親専用コミュニティ 会員募集中

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…