不登校新聞

452号 2017/2/15

とりあえず捨ててみる 森英俊

2017年02月13日 12:15 by kito-shin


かがり火

 十数年ぶりの寒波襲来を受けて、豪雪などの被害を受けた地方もあったことと思われる。

 学校に通っている子どもも、インフルエンザの大流行のため自宅待機をしていたケースもあっただろうし、学校に行ってる、行ってないにかぎらず、さすがの寒さで外には出ることをためらう子が多かったのではないだろうか。

 この季節は各学校で臨機応変に自由登校などの対処はできないものだろうかと毎年考える。インフルエンザやノロウイルスの流行は毎年この時期に流行するものだし、ある程度の裁量が親や子どもにも認められてもいいのではないかと思う。さらに今年はオリンピックイヤーに流行すると言われる流行性耳下腺炎の患者さんも多かった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「多様な学び」の人材養成 不登校の歴史vol.520

520号 2019/12/15

かがり火

520号 2019/12/15

ひといき

520号 2019/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...