不登校新聞

452号 2017/2/15

とりあえず捨ててみる 森英俊

2017年02月13日 12:15 by kito-shin


かがり火

 十数年ぶりの寒波襲来を受けて、豪雪などの被害を受けた地方もあったことと思われる。

 学校に通っている子どもも、インフルエンザの大流行のため自宅待機をしていたケースもあっただろうし、学校に行ってる、行ってないにかぎらず、さすがの寒さで外には出ることをためらう子が多かったのではないだろうか。

 この季節は各学校で臨機応変に自由登校などの対処はできないものだろうかと毎年考える。インフルエンザやノロウイルスの流行は毎年この時期に流行するものだし、ある程度の裁量が親や子どもにも認められてもいいのではないかと思う。さらに今年はオリンピックイヤーに流行すると言われる流行性耳下腺炎の患者さんも多かった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

遠藤まめたのエッセイ「するっと道が開けるとき」

486号 2018/7/15

法案つくるも議連なし 不登校の歴史vol.486

486号 2018/7/15

かがり火

486号 2018/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...