不登校新聞

452号 2017/2/15

結婚は“ひきこもりのゴール”じゃなかった【当事者手記】

2017年02月13日 16:25 by kito-shin


 今回執筆いただいたのは、PN猫田良子さん。自身の悩みを話したり、「アドバイスをもらえたら」との思いで、「ひきこもり女子会」に参加した。

 私は17歳で不登校になって以来、20代後半まで「隠れひきこもり」でした。親や周囲の目が気になり、「何もしない状態」ではいられなかったので、最初のころはとにかくアルバイトに挑戦しました。けれど毎回、半年と持たずに体調を崩して辞めていました。やがて働くことはいったんあきらめ、勉強してはさまざまな資格を取る生活に切り替えました。周囲の人には「勉強が忙しくて働けない」と説明し、とにかく自分を守ることに必死でした。
 

結婚したけれど

 
 そんなふうに、だましだましなんとか生活していたときに今のパートナーに出会いました。私のことをあまり重く捉えずにいてくれる人だったので、3年ほどお付き合いしたあとで結婚しました。と、ここまではよかったのですが、いざ結婚してみるとやはりさまざまな問題が出てきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教室へ入れず保健室に登校してた私が、保健室の先生になるまで

535号 2020/8/1

給食が食べられなかった私、先生からの言葉で不登校に

535号 2020/8/1

「誰も助けてくれず心が壊れた」私が不登校になった理由

535号 2020/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...