不登校新聞

452号 2017/2/15

結婚は“ひきこもりのゴール”じゃなかった【当事者手記】

2017年02月13日 16:25 by kito-shin


 今回執筆いただいたのは、PN猫田良子さん。自身の悩みを話したり、「アドバイスをもらえたら」との思いで、「ひきこもり女子会」に参加した。

 私は17歳で不登校になって以来、20代後半まで「隠れひきこもり」でした。親や周囲の目が気になり、「何もしない状態」ではいられなかったので、最初のころはとにかくアルバイトに挑戦しました。けれど毎回、半年と持たずに体調を崩して辞めていました。やがて働くことはいったんあきらめ、勉強してはさまざまな資格を取る生活に切り替えました。周囲の人には「勉強が忙しくて働けない」と説明し、とにかく自分を守ることに必死でした。
 

結婚したけれど

 
 そんなふうに、だましだましなんとか生活していたときに今のパートナーに出会いました。私のことをあまり重く捉えずにいてくれる人だったので、3年ほどお付き合いしたあとで結婚しました。と、ここまではよかったのですが、いざ結婚してみるとやはりさまざまな問題が出てきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校した本人たちが挙げた4つのイヤだったこと

506号 2019/5/15

「本人の努力次第ではない」発達障害で50年、生きてきた私の半生

506号 2019/5/15

「ともに苦しんでくれた」それが不登校の私に最も必要だった

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...