不登校新聞

452号 2017/2/15

結婚は“ひきこもりのゴール”じゃなかった【当事者手記】

2017年02月13日 16:25 by kito-shin


 今回執筆いただいたのは、PN猫田良子さん。自身の悩みを話したり、「アドバイスをもらえたら」との思いで、「ひきこもり女子会」に参加した。

 私は17歳で不登校になって以来、20代後半まで「隠れひきこもり」でした。親や周囲の目が気になり、「何もしない状態」ではいられなかったので、最初のころはとにかくアルバイトに挑戦しました。けれど毎回、半年と持たずに体調を崩して辞めていました。やがて働くことはいったんあきらめ、勉強してはさまざまな資格を取る生活に切り替えました。周囲の人には「勉強が忙しくて働けない」と説明し、とにかく自分を守ることに必死でした。
 

結婚したけれど

 
 そんなふうに、だましだましなんとか生活していたときに今のパートナーに出会いました。私のことをあまり重く捉えずにいてくれる人だったので、3年ほどお付き合いしたあとで結婚しました。と、ここまではよかったのですが、いざ結婚してみるとやはりさまざまな問題が出てきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学級委員だった僕が不登校になったのは「宿題が終わらない」でした

526号 2020/3/15

私は「かわいそうな人」ですか、不登校で苦しんだ少女の訴え

526号 2020/3/15

「少しの間、学校へ行けなかった」そんな私も不登校なのだろうか

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...