不登校新聞

452号 2017/2/15

不登校の息子が父親を避ける、どうすれば?

2017年02月14日 10:48 by koguma
2017年02月14日 10:48 by koguma


 不登校のわが子に対し、父親ができることは何か。それをお話する前に、不登校の取材を10年以上続けてきたなかで、一つ気づいたことがあります。不登校の子どもにとって父親は「避けたくなる存在」だということ。こんなことを言うと父親のみなさんから怒られそうですが、でもそうなんです(苦笑)。とくに、男の子にインタビューした際にそう感じることが多いです。
 
 不登校の子どものなかには「学校に行って、就職して、結婚して、家庭を持つ」という「社会でヨシ」とされるルートから外れてしまった自分を責めている子が多くいます。その際、そこを着実に歩んできた父がそばにいるだけで、なんだかいたたまれない気持ちになったり、父親の何気ない一言を大きく受けとめすぎるあまり、ついつい避けたくなってしまうのだと思います。父親は「もっとも身近な将来像の見本」だからです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校へ行ってくれたらな」息子の不登校から1年、迷い続ける母の本音

583号 2022/8/1

不登校の息子の対応で夫婦が同じ方向を向くようになったきっかけ

579号 2022/6/1

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…