不登校新聞

452号 2017/2/15

不登校の息子が父親を避ける、どうすれば?

2017年02月14日 10:48 by koguma


 不登校のわが子に対し、父親ができることは何か。それをお話する前に、不登校の取材を10年以上続けてきたなかで、一つ気づいたことがあります。不登校の子どもにとって父親は「避けたくなる存在」だということ。こんなことを言うと父親のみなさんから怒られそうですが、でもそうなんです(苦笑)。とくに、男の子にインタビューした際にそう感じることが多いです。
 
 不登校の子どものなかには「学校に行って、就職して、結婚して、家庭を持つ」という「社会でヨシ」とされるルートから外れてしまった自分を責めている子が多くいます。その際、そこを着実に歩んできた父がそばにいるだけで、なんだかいたたまれない気持ちになったり、父親の何気ない一言を大きく受けとめすぎるあまり、ついつい避けたくなってしまうのだと思います。父親は「もっとも身近な将来像の見本」だからです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「モヤモヤする気持ちが軽くなった」不登校の親の会は私の気持ちが落ち着く場

507号 2019/6/1

「カウンセリング辞めました」親子で違和感を抱えた半年間

507号 2019/6/1

兄弟そろって不登校になったので、毎日が不安でたまらなかった

507号 2019/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...