不登校新聞

452号 2017/2/15

子どもの「自立」を支える条件とは?

2017年02月13日 15:57 by koguma


 著者の浜田寿美男さんは発達心理学者。大学で26年間に渡って教鞭をとり、現在は兵庫県川西市の「子どもの人権オンブズパーソン」を務めています。また少年事件や冤罪事件における自白などへの関心から、供述の鑑定などにも携わっています。1999年に山口県光市で起きた母子殺害事件の少年の供述鑑定もその一つです。
 
 浜田さんのおもしろいところは、発達心理学者でありながら、「いつも発達、発達と、人生は発達のためにあるかのように言う学者といっしょにされたくない」と、きっぱり言い切ってしまうところにある、と私は考えています。
 
 そんな浜田さんは子どもの「巣立ち」、言い換えれば「自立」ということをどう捉えているのか。発達心理学だけでなく、供述鑑定や浜田さん自身のお子さんとのやりとりなども交えながら考えていくというのが本書です。
 
 世間一般において「自立」とは、親への依存状態を抜け出して「自分の力で生きること」とされています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

どんな支援が盛り込まれたか 不登校の歴史vol.509

509号 2019/7/1

川崎市の事件から何を学べるのか

509号 2019/7/1

やっと将棋を指せるようになりました【編集後記】

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...