不登校新聞

452号 2017/2/15

子どもの「自立」を支える条件とは?

2017年02月13日 15:57 by koguma


 著者の浜田寿美男さんは発達心理学者。大学で26年間に渡って教鞭をとり、現在は兵庫県川西市の「子どもの人権オンブズパーソン」を務めています。また少年事件や冤罪事件における自白などへの関心から、供述の鑑定などにも携わっています。1999年に山口県光市で起きた母子殺害事件の少年の供述鑑定もその一つです。
 
 浜田さんのおもしろいところは、発達心理学者でありながら、「いつも発達、発達と、人生は発達のためにあるかのように言う学者といっしょにされたくない」と、きっぱり言い切ってしまうところにある、と私は考えています。
 
 そんな浜田さんは子どもの「巣立ち」、言い換えれば「自立」ということをどう捉えているのか。発達心理学だけでなく、供述鑑定や浜田さん自身のお子さんとのやりとりなども交えながら考えていくというのが本書です。
 
 世間一般において「自立」とは、親への依存状態を抜け出して「自分の力で生きること」とされています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

半年後の国会審議再開 不登校の歴史vol.512

512号 2019/8/15

教育機会確保法の周知徹底を

512号 2019/8/15

京アニの事件に思う【編集後記】

512号 2019/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...

511号 2019/8/1

今も母親との関係に悩みを抱える元アナウンサー・小島慶子さん。同様の悩みを持...

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...