不登校新聞

452号 2017/2/15

“学校復帰のみが支援ではない”文科担当【記者の眼】

2017年03月03日 15:42 by kito-shin


 今号の不登校支援担当官のインタビューからは、さまざまな論点が見えてくる。あえてひとつポイントを挙げるならば「学校復帰のみが不登校の支援ではない」と明言したことにあるだろう。

 しかし、学校現場では、本人の意向や状況を無視した対応が、いまも続いている。ある親は教員から『休み始めた子は無理にでも学校へ連れていって習慣づけるのが鉄則だ』と諭されたそうだ。

 本人の気持ちを無視した対応は、本人を傷つけるだけにすぎない。しかも、それは20年以上前から文科省の意向とも異っている。そんななか、あらためて文科省が「ムリな登校圧力」を推奨していないこと、そして、不登校支援の目標が「学校復帰のみではない」と明示されたことは大きい。

 これがどれほどの意味を持つかは学校関係者ならばすぐに気づく。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が通う学校外の公的な場、半数の自治体は「設置しない」意向

510号 2019/7/15

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

509号 2019/7/1

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...