不登校新聞

453号 2017/3/1

学校以外の場もあるよ 不登校の歴史vol.453

2017年02月27日 12:33 by kito-shin



 いじめ問題が看過できない状況になっていた2013年、国会のなかでも議論が高まり、各党がいじめに関する法案を国会に提出していた。しかし、そのままでは成立せず、自民、公明、民主の3党は、法案成立を目指して法案の一本化をめざす協議を続けることになった。学校以外の学び、育ちの場であり、居場所であるフリースクール、フリースペースには、学校でのいじめが原因で不登校になり、やがて入会してくるという例は、毎年少なくない。そして、子どもが元気になろうにも、いじめを受けていた日常に耐えるために払ったエネルギーを回復し、恐怖感や不安感を軽減するのは、そうかんたんなことではなかった。また、フリースクールや親の会では、9月1日前後の子どもの自殺が多いことは早くから知られていた。そして自殺のかげに、いじめなどで学校が苦しい場合や、学校が苦しいにもかかわらず休むこともできず、学校以外の場があることも子どもに知らされない状況を憂慮していた。
 
 そこで、検討中だった「いじめ防止対策推進法」について、フリースクール全国ネットワークとして、各党に次の点を法律に盛りこむよう、要望書を提出した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

2度の自殺未遂から精神科医へ 支えになったのは「薬」ではなく

466号 2017/9/15

一週間で8人もの子どもが自殺 9月1日報道に

466号 2017/9/15

フリースクールへの視察 不登校の歴史vol.466

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...