不登校新聞

453号 2017/3/1

「卒業式は出てみる?」と言いたくなったら

2017年02月27日 15:09 by koguma


 この時期の学校行事と言えば、なんといっても「卒業式」です。「学校行事なら出られるんじゃない?と言われた」という話を不登校経験者からよく聞きます。
 
 大人からすると、通常の授業日とは雰囲気も異なるので、「そろそろがんばってみないか?」と声をかけやすいのかもしれません。ところが、学校行事は不登校の子どもにとって鬼門の一つなんです。
 
 たとえば、体育祭ではクラス一丸となることが求められます。「体育祭の練習がきっかけで学校に行けなくなった」という子どもに取材したことがあります。些細なミスがきっかけでいじめが始まり、「お前がいると失敗する」とまで言われたそうです。もし、学校に行けない理由がいじめにあるとしたら、クラスの団結力を求められる学校行事ほどつらいものはありません。
 
 修学旅行のように外泊する行事もあります。親御さんとしても「いつも家に居るばかりだし、せっかくだから思い出づくりを」という想いを持たれる方も少なくありません。
 
 しかし、子どもの気持ちから考えてみると、そうたやすいことではありません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの成長を感じるとき【不登校の子を持つ親のエッセイ】

505号 2019/5/1

「学校は無理せず休ませて」と言われるけど、社会から切り離されそうで怖い

504号 2019/4/15

何度も失敗して見えてきた、ひきこもりの息子に寄り添う方法

503号 2019/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...