不登校新聞

453号 2017/3/1

「卒業式は出てみる?」と言いたくなったら

2017年02月27日 15:09 by koguma


 この時期の学校行事と言えば、なんといっても「卒業式」です。「学校行事なら出られるんじゃない?と言われた」という話を不登校経験者からよく聞きます。
 
 大人からすると、通常の授業日とは雰囲気も異なるので、「そろそろがんばってみないか?」と声をかけやすいのかもしれません。ところが、学校行事は不登校の子どもにとって鬼門の一つなんです。
 
 たとえば、体育祭ではクラス一丸となることが求められます。「体育祭の練習がきっかけで学校に行けなくなった」という子どもに取材したことがあります。些細なミスがきっかけでいじめが始まり、「お前がいると失敗する」とまで言われたそうです。もし、学校に行けない理由がいじめにあるとしたら、クラスの団結力を求められる学校行事ほどつらいものはありません。
 
 修学旅行のように外泊する行事もあります。親御さんとしても「いつも家に居るばかりだし、せっかくだから思い出づくりを」という想いを持たれる方も少なくありません。
 
 しかし、子どもの気持ちから考えてみると、そうたやすいことではありません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小学校の入学式直後から不登校も問題がなく大学へ進んだ道のり

570号 2022/1/15

わが子は3人中2人が発達障害。学び育つなかで見つけたコツ

568号 2021/12/15

不登校で気になる10個の疑問、ある親に全部、聞いてみました

564号 2021/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

571号 2022/2/1

「不登校の子を持つ、親御さんの味方でありたい」と語る土橋優平さん(NPO法...

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...