不登校新聞

455号 2017/4/1

不登校した娘の高校3年間を漫画化

2017年03月31日 12:10 by koguma


 以前、『中学なんていらない』というマンガをご紹介しました。著者の青木光恵さんの一人娘が不登校になったときの実話をまとめたものです。クラスメートからのいじめがきっかけで不登校になり、中学3年間で通ったのは半年あまり。"すったもんだ”の末に高校に進学した、という実話をもとにした作品です。
 
 今回ご紹介するのは、そんな"すったもんだ”の続編です。入学した高校では荒れるクラスにいらだち、いじめなども重なるなかで、ふたたび不登校になるのです。
 
 この母娘は、正面からけっこうぶつかります。「つらければ休学したり別の学校に行ったり、高認もあるよ」という母の勧めに、娘は頑として首を縦に振りません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

検討会議が込めた願い 不登校の歴史vol.516

516号 2019/10/15

学校へ派遣される弁護士「スクールロイヤー」へ期待できること

516号 2019/10/15

ひといき

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...