不登校新聞

455号 2017/4/1

いじめ事件、1割は誰にも相談できず

2017年03月31日 16:17 by shiko
2017年03月31日 16:17 by shiko



 警察庁の発表によると、いじめに絡んだ事件は149件(前年比51件減)で3年連続で減少した。一方、いじめに絡んで暴行や傷害などを含む事件が起きても「誰にも相談しなかった」と言っていた子どもの割合は、ここ数年、変わらないこともわかった。

 2013年以降、いじめ防止対策推進法によって、いじめの要件が従来よりも広く定義された。その影響を受け、2013年のいじめに絡んだ事件件数は410件と前年の1・5倍増となった。その後は減少を続け、2016年は149件。4年間で3分の1近くに減った。
 
 しかし、暴行や傷害などの事件が起きても「誰にも相談しなかった」と言った子どもも12%いた(17人)。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

物議を醸した東近江市長の発言 不登校の歴史から考える差別や偏見に立ち向かうために必要なこと

614号 2023/11/15

いじめがきっかけで不登校に 学校と生徒で「認知差85倍」の理由【全文公開】

613号 2023/11/1

「不登校に至る重大ないじめ 大半が見過ごしのおそれ」不登校支援団体らが記者会見で訴えた問題点と改善点【全文公開】

613号 2023/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

615号 2023/12/1

今回は障害や気質によって髪を切るのが苦手な子どもに寄り添う「スマイルカット」の…

614号 2023/11/15

「学校や会社とつながることに必死だった」。今回は、不登校の子どもと親の会「Sw…

613号 2023/11/1

児童文学作家・こまつあやこさんのインタビュー。こまつさんは今年4月、高校を中退…