不登校新聞

455号 2017/4/1

いじめ事件、1割は誰にも相談できず

2017年03月31日 16:17 by shiko



 警察庁の発表によると、いじめに絡んだ事件は149件(前年比51件減)で3年連続で減少した。一方、いじめに絡んで暴行や傷害などを含む事件が起きても「誰にも相談しなかった」と言っていた子どもの割合は、ここ数年、変わらないこともわかった。

 2013年以降、いじめ防止対策推進法によって、いじめの要件が従来よりも広く定義された。その影響を受け、2013年のいじめに絡んだ事件件数は410件と前年の1・5倍増となった。その後は減少を続け、2016年は149件。4年間で3分の1近くに減った。
 
 しかし、暴行や傷害などの事件が起きても「誰にも相談しなかった」と言った子どもも12%いた(17人)。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

県内100カ所以上の不登校の相談先を網羅、千葉県教委が冊子作成

554号 2021/5/15

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...

555号 2021/6/1

中学1年生から中学卒業まで不登校していた当事者に話を聞きました。不登校の経...

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...