不登校新聞

455号 2017/4/1

不登校を認めて休みグセがついたらマズイ?

2017年03月31日 15:46 by koguma


 スマホって便利ですね。仕事柄、不登校についてあれこれネットで調べるわけですが、人差し指がササッと動くことが増えました。
 
 先日見つけた記事には「無理して行かなくていいと子どもに伝えて」とありました。すごく大切なメッセージだと思います。なぜなら、子どもたちの多くは「学校に行かなきゃ、でも行けない」という葛藤を抱えているからです。
 

全面的に認めてしまって平気?

 
 とはいえ、これはこれで、親に新たな葛藤をもたらします。取材していても「学校に行かないことを全面的に認めてしまったら、休みグセがついてマズイのでは」という親の想いをよく聞きます。無理はよくないけれど、ずっと休まれてしまっては、それはそれでちょっと困る、と。
 
 たしかに、2、3日休む程度であれば、勉強の遅れも心配ないし、教室にも戻りやすいかもしれません。でも、「休みグセ」がついてしまったら、このままずっと学校に行かなくなってしまうかもしれない。そのことで子どもの将来の選択肢が狭まってしまうかもしれない。そんな不安から「今は」とか「しばらくは」といったオマケがメッセージのなかに漂ってしまうわけです。
 

本当に困るのは"休めないグセ”

 
 私が思うに、本当にマズイのは「休みグセ」がつくことではありません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小学校の入学式直後から不登校も問題がなく大学へ進んだ道のり

570号 2022/1/15

わが子は3人中2人が発達障害。学び育つなかで見つけたコツ

568号 2021/12/15

不登校で気になる10個の疑問、ある親に全部、聞いてみました

564号 2021/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...