不登校新聞

455号 2017/4/1

「4月から学校へ行くよ」と言われたときの親の心構え

2017年04月13日 16:59 by shiko

 

 

連載「親のための不登校Q&A」vol.16

 新年度が近づくと、「4月からは学校へ行く」と言い出す子どもがいます。

 わが家の次男もそうでした。私自身は、息子が中学に戻ることはムリだろうと思っていました。ちょうど、娘が大学進学で家を出ることになっていたので、私は仕事をやめたし、長男はひきこもっているし、私の両親の調子がよくなかったこともあって、思い切って実家に引っ越そうかと考えました。

◎外出しないのに再登校宣言


 そのころ、次男は家から一歩も外に出なくなっていたので、場所が変われば、学校には行けなくても、外に出るくらいはできるようになるのではないかと思ったのもあります。両親も長男も了承してくれましたが、次男だけは「いやだ、俺は4月から学校に行くから」と言って拒否したのです。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校は終わらない?【不登校Q&A/最終回】

469号 2017/11/1

不登校、いつまで待てばいいの?【Q&A】

468号 2017/10/15

子どもが不登校、私の人生はどうなるの?【不登校Q&A】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...