不登校新聞

305号(2011.1.1)

子ども若者編集部の当事者手記「出会いのキセキを」

2013年07月30日 14:42 by kito-shin


 不登校の、その後は――。さまざまな理由から学校に行かなくなったあとをどのようにすごしてきたのか。今回は「Fonte」子ども若者編集部員の3人に、自身の不登校体験をふり返ってもらいつつ、現在そしてこれからの目標について、手記を執筆した。

 19年前の冬、ボクは暗いトンネルを抜けて都内のある家に着いた。その家には2歳年上の『アネ』が住んでいた。家の近くには、子どもばかりを集めて同じことをさせる怪しい場所があったが『アネ』はそんなつまらない場所に行くことを断固として拒否し続けていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...