不登校新聞

456号 2017/4/15

19年間、本紙を支えていた活動

2017年04月13日 11:53 by kito-shin



 本紙の発送は、前号の455号まで、不登校の子どもを持つお母さん方の手によって支えられてきた。じつに455回、ていねいに手作業していただいたのである。今号から発送代行業者へ依頼することになり、最後の発送を終えた3月29日、ささやかなお礼の会が開かれた。

 思い返してみると、1998年の創刊時は、まだデジタル化していなく、職人さんが手作業で組版してくれる印刷所に、ゲラ修正に通っていた。そのころは一般紙の大きさであるブランケット版だった。発送はそのころ新聞社のあったマンションの一室で行なった。お母さんたちの手は真っ黒になっていた。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

ひといき

464号 2017/8/15

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...