不登校新聞

456号 2017/4/15

芥川賞作家が考える“逃げる”ことの大切さ

2017年04月13日 15:54 by kito-shin


 もらっといてやる――。芥川賞受賞後の記者会見での一言が大きく注目された田中慎弥さんの新刊をご紹介します。
 
 田中さんは、大学受験の失敗を機に、15年近くひきこもっていました。定職に就くどころか、アルバイト経験もありません。理由は「なんとなく働く気になれなかったから」。しかし、母は強く叱らなかったそうです。「なるようになる、死ななきゃいいぐらいの図太さで接してくれていたのがありがたかった」と、当時の母の対応をふり返っています。
 
 本書のテーマである「孤独」について田中さんは「現代人は孤独になることをひどく恐れているように映る。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

遠藤まめたのエッセイ「するっと道が開けるとき」

486号 2018/7/15

法案つくるも議連なし 不登校の歴史vol.486

486号 2018/7/15

かがり火

486号 2018/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...