不登校新聞

456号 2017/4/15

芥川賞作家が考える“逃げる”ことの大切さ

2017年04月13日 15:54 by kito-shin


 もらっといてやる――。芥川賞受賞後の記者会見での一言が大きく注目された田中慎弥さんの新刊をご紹介します。
 
 田中さんは、大学受験の失敗を機に、15年近くひきこもっていました。定職に就くどころか、アルバイト経験もありません。理由は「なんとなく働く気になれなかったから」。しかし、母は強く叱らなかったそうです。「なるようになる、死ななきゃいいぐらいの図太さで接してくれていたのがありがたかった」と、当時の母の対応をふり返っています。
 
 本書のテーマである「孤独」について田中さんは「現代人は孤独になることをひどく恐れているように映る。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...