不登校新聞

456号 2017/4/15

保健室登校ってなに?【メモ】

2017年04月14日 10:37 by shiko


 保健室登校とは、教室に入れない、または入りたくない生徒が教室の代わりに保健室に通うこと。保健室以外にも図書室、職員室、校長室などの場合もあり、これらはまとめて「別室登校」と呼ばれている。なお、学校内に設置された「教育支援センター(旧・適応指導教室)」に通う場合は「別室登校」とは呼ばれない。保健室登校は不登校対応の一つで、文科省調査によれば、少なくとも全小中学校の3分の1以上が別室登校を実施していた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

公的機関における支援 不登校の歴史vol.476

476号 2018/2/15

不登校の人へ春がそこまで来ていることを伝えたい

476号 2018/2/15

今年5月で「不登校新聞」が20周年を迎えるということは【編集後記】

476号 2018/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

476号 2018/2/15

担任も「お前、いじめられているんじゃないか」としょっちゅう聞いてくるんです...

475号 2018/2/1

今回取材した不登校経験者は、小学2年生から中学2年生まで不登校だった17歳...

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...