不登校新聞

456号 2017/4/15

保健室登校ってなに?【メモ】

2017年04月14日 10:37 by shiko


 保健室登校とは、教室に入れない、または入りたくない生徒が教室の代わりに保健室に通うこと。保健室以外にも図書室、職員室、校長室などの場合もあり、これらはまとめて「別室登校」と呼ばれている。なお、学校内に設置された「教育支援センター(旧・適応指導教室)」に通う場合は「別室登校」とは呼ばれない。保健室登校は不登校対応の一つで、文科省調査によれば、少なくとも全小中学校の3分の1以上が別室登校を実施していた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

32名の体験談から見えてくる「不登校のプロセス」とは

472号 2017/12/15

【神戸中2自殺未遂】「透明化」してしまういじめの構造

472号 2017/12/15

何を検討するのか 不登校の歴史vol.472

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...

471号 2017/12/1

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(著...

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...