連載「親のための不登校Q&A」vol.17


 子どもは「行けない」と言ってるのに、学校から「今日は来られそうですか?」という毎日の電話。そんな「学校との板挟みがつらい」という話はよく聞きます。しかし、「不登校」のあいだは学校との関係は切り離せません。担任との連絡、PTA活動、懇談会、各種徴収金、購入物、行事などなど。
 
 私の場合、次男が中2になった最初の懇談会には、意を決して出席しました。次男が再登校を始めていたものの危うさを感じていたころでした。PTA役員は辞退したいし、クラスの親たちに息子のことを知っていてほしい、そんな思いもありました。自己紹介で、勇気をもって息子のようすを話しましたが、居づらさを強く感じ、むなしさと徒労感を覚えました。中3のときは、提出用紙に「PTA役員は辞退します」と書いて提出して終わりにしましたした。
 
 子どもが不登校でも、進んでPTA役員を引き受けたい人もいるし、PTA自体に加入しないという選択肢もありますが、自分と子どもが苦しくない選択をするのがいいと思います。
 
 その後、学級懇談会には参加しませんでしたが、野外学習、修学旅行、進路説明会などから、必要だと思うものに参加しました。進路に関する三者面談も、息子が「二者で」と言うので、私だけが行きました。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。