不登校新聞

457号 2017/5/1

傍若無人な住人が私の元気の源

2017年04月28日 11:33 by koguma


編集後記:ひといき

 昨年の夏に拾った仔猫が9カ月になった。大きくなったのは体型だけではない。傍若無人な態度には、目を見張る。

 ゴミ箱はすべてひっくり返すため、フタつきのゴミ箱以外はすべて捨てた。食パンは外側の袋からかじってしまうので電子レンジに隠す。カーテンに飛びつくため、ビリビリと破れた部分が何とも言えない「レース感」を醸し出す。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「多様な学び」の人材養成 不登校の歴史vol.520

520号 2019/12/15

かがり火

520号 2019/12/15

ひといき

520号 2019/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...