不登校新聞

457号 2017/5/1

批判されたらヘコみませんか?荻上チキに不登校経験者が聞く

2018年09月28日 12:25 by kito-shin

 企画者であり、不登校経験者(25歳)が自身の気になっていることについて、評論家・荻上チキさんに取材を行なった。
 
――憧れの人って荻上さんにはいますか?
 
 だれかを理想にしたことはないですね。この業界って特殊で、評論家は10年に1人出るか出ないか、なんです。しかも、先輩評論家に牙をむくかたちでデビューするというのがこの世界のならわしなんです(笑)。もちろん尊敬している人もいますけど、「こうなりたい」というロールモデルはないんです。
 
――僕にとっては荻上さんが憧れの人です。僕は荻上さんがラジオで、いじめや不登校関連の発言をされているのを聞いて、「よく言ってくれた!」と気持ちが楽になったんです。
 
 ありがとうございます。僕はメディア論を研究してきたんですが、たとえばテレビで「オネエ」をいじることによって同性愛差別が拡散していくとか、メディアにはそういう危険性がつねにあります。だから、僕は僕自身のメディアでのふるまいにはとても気をつかっています。たとえば放送中に同性愛的なものをからかうようなフレーズをポロって言ってしまう人がいたら、「同性愛者の権利は重要ですよね」という一言をはさむ、とか。大きく社会を変えられなくても、ちょっとした発言や態度を変えていくことはできますからね。
 
――批判を受けることもあると思います。僕だったら、批判されたらすぐにへこんでしまいますが、発言し続けるエネルギーはどこから湧いてくるんですか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親ってほんとに子どもが心配なの」加藤登紀子が語る子離れの瞬間

538号 2020/9/15

ゲームに熱中する子に対して、してはいけない3つのタブー

534号 2020/7/15

『ツレがうつになりまして』の作者が苦しんだ自分への否定感

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...