不登校新聞

457号 2017/5/1

「あの花」脚本家が語る学校へ行けなかった気持ち

2017年04月28日 12:20 by koguma


 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(2011年)や『心が叫びたがっているんだ。』(2015年)というアニメがあります。『あの花』『ここさけ』と略される両作品は、若者から絶大な支持を得て大ヒット。共通の舞台となった埼玉県秩父市には「聖地巡礼」と称し、多くのファンがつめかけました。

 本著の著者は、その脚本を手掛けた岡田麿里さん。本書では、小学校から高校にいたるまでの不登校体験について語られています。不登校当時の気持ちというのは、えてして当の本人も忘れてしまいがち。ですが、一つひとつの出来事にまつわる気持ちがていねいに書かれており、いち不登校経験者の体験談として、とても読み応えがあります。

 小学校低学年のころからいじめがあったこと。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...