不登校新聞

457号 2017/5/1

小中高生の自殺 原因は「学校」10年連続トップ

2017年05月23日 11:44 by shiko


 警察庁の発表によると、2016年中に起きた小中高生の自殺の原因・動機のトップは10年連続で「学校問題」(複数回答)だった。07年以降「小学生」「中学生」など学校種別での自殺者数、原因・動機がわかるようになった。以来10年間、「学校問題」は小中高生の自殺の原因・動機として突出して多かった。

2位と倍近い差が


 警察庁では、遺書などをもとに「明らかに推定できる原因・動機」を自殺者1人につき3つまで計上している。2016年に起きた小中高生の自殺のうち、原因・動機別件数を見ると、トップが「学校問題」116人。ついで多かったのが「家庭問題」75人。過去10年間の統計を見ると「学校問題」が平均122人。ついで多かったのが心身の病気など「健康問題」が平均64人。「学校問題」と「健康問題」を比べた場合、前者は後者の2倍近い人数となる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...