不登校新聞

457号 2017/5/1

小中高生の自殺 原因は「学校」10年連続トップ

2017年05月23日 11:44 by shiko


 警察庁の発表によると、2016年中に起きた小中高生の自殺の原因・動機のトップは10年連続で「学校問題」(複数回答)だった。07年以降「小学生」「中学生」など学校種別での自殺者数、原因・動機がわかるようになった。以来10年間、「学校問題」は小中高生の自殺の原因・動機として突出して多かった。

2位と倍近い差が


 警察庁では、遺書などをもとに「明らかに推定できる原因・動機」を自殺者1人につき3つまで計上している。2016年に起きた小中高生の自殺のうち、原因・動機別件数を見ると、トップが「学校問題」116人。ついで多かったのが「家庭問題」75人。過去10年間の統計を見ると「学校問題」が平均122人。ついで多かったのが心身の病気など「健康問題」が平均64人。「学校問題」と「健康問題」を比べた場合、前者は後者の2倍近い人数となる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...