不登校新聞

457号 2017/5/1

子どもの“死にたい” 親はどうすれば?【不登校コラム】

2017年04月28日 12:54 by koguma


 5月は、子どもに関して気になるデータがあります。内閣府が2015年に発表した「18歳以下の日別自殺者数」です。過去42年間の子どもの自殺が日別で集計されています。

 上図を見ていただくとわかるように、ピークには3つの山があり、5月上旬から中旬にかけては、数として3番目に高い時期にあたります。


"死にたい”"消えたい”


 不登校の子どもからは「死にたい」とか「消えたい」という言葉がよく出てきます。私が本紙で働き始めた当初は「子ども面」を担当していたので、あるとき、聞いてみたんです。なぜ、「死にたい」「消えたい」と言うのか。そして、なぜ、それを親に言うのか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

「PTAは辞められます」専門家が教える穏便な退会の仕方

501号 2019/3/1

3学期は子どもがつらい時期、わが子を焦らせないためには

499号 2019/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...