不登校新聞

457号 2017/5/1

子どもの“死にたい” 親はどうすれば?【不登校コラム】

2017年04月28日 12:54 by koguma


 5月は、子どもに関して気になるデータがあります。内閣府が2015年に発表した「18歳以下の日別自殺者数」です。過去42年間の子どもの自殺が日別で集計されています。

 上図を見ていただくとわかるように、ピークには3つの山があり、5月上旬から中旬にかけては、数として3番目に高い時期にあたります。


"死にたい”"消えたい”


 不登校の子どもからは「死にたい」とか「消えたい」という言葉がよく出てきます。私が本紙で働き始めた当初は「子ども面」を担当していたので、あるとき、聞いてみたんです。なぜ、「死にたい」「消えたい」と言うのか。そして、なぜ、それを親に言うのか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校校経験者が答えた親がすべきこと、してはダメなこと

523号 2020/2/1

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

担任が変わった際のポイント 不登校Q&A

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...