不登校新聞

457号 2017/5/1

子どもの“死にたい” 親はどうすれば?【不登校コラム】

2017年04月28日 12:54 by koguma


 5月は、子どもに関して気になるデータがあります。内閣府が2015年に発表した「18歳以下の日別自殺者数」です。過去42年間の子どもの自殺が日別で集計されています。

 上図を見ていただくとわかるように、ピークには3つの山があり、5月上旬から中旬にかけては、数として3番目に高い時期にあたります。


"死にたい”"消えたい”


 不登校の子どもからは「死にたい」とか「消えたい」という言葉がよく出てきます。私が本紙で働き始めた当初は「子ども面」を担当していたので、あるとき、聞いてみたんです。なぜ、「死にたい」「消えたい」と言うのか。そして、なぜ、それを親に言うのか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「なにをしたいかわからない」ときはどうすれば?

196号(2006.6.15)

不登校している中学生を持つ方へ 高校進学の選択肢と2つのタブー

494号 2018/11/15

「学校へ行かないと罰せられる?」弁護士が回答

198号(2006.7.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...

495号 2018/12/1

バンドメンバー全員が不登校経験者という「JERRYBEANS」。そのボーカ...

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...