不登校新聞

457号 2017/5/1

想像以上にしんどい、子どもとの毎日【不登校Q&A】

2020年08月06日 11:20 by kito-shin


連載「親のための不登校Q&A」vol.18


 子どもが学校に行かず、毎日家にいる生活は、専業主婦にとって想像以上にしんどいものがあります。
 
 私自身は、自らそれを選んだのですが、逆に「仕事に出たほうが……」と悩む声も聞きます。
 
 "学校に行っていない”"ひきこもっている”を前提とした生活は、どうしても腫れ物に触るような態度になってしまいます。もちろん、それが頭から離れることはないのかもしれませんが、そのことにこだわりすぎては、家の中の空気がピリピリして、ただただ苦しいものになってしまいます。それでは「もったいない!」と私は思います。
 

子どもの興味に近づく

 
 小学校から不登校をしているご家庭から「毎日がお休みだから、混雑していないときに遊びに行けていいよ」という話を聞きました。そのころ、わが家は、まさにピリピリの空気で生活していたので、心底「うらやましい!」と思いました。どうせなら「せめて楽しくすごしたい」「ふつうに会話したい」と思いました。
 
 でも、思春期を迎えた息子2人は、母親といっしょに遊びに行ってはくれません。こちらが、息子たちの興味に近づくしかないと思いました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校は終わらない?【不登校Q&A/最終回】

469号 2017/11/1

不登校、いつまで待てばいいの?【Q&A】

468号 2017/10/15

子どもが不登校、私の人生はどうなるの?【不登校Q&A】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...