7月12日国連、本部で16歳のパキスタン少女マララ・ユスフザイさんがした演説をあなたは聴きましたか。私は強く感動しました。

 彼女は昨年10月、女性の教育への権利を主張して過激派に銃撃された。国連は16歳の誕生日7月12日を彼女の回復と誕生祝いの「マララ・デー」とし、彼女は歴史に残る演説をした。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。