不登校新聞

367号(2013.8.1)

かがり火

2013年07月30日 16:35 by kito-shin


 7月12日国連、本部で16歳のパキスタン少女マララ・ユスフザイさんがした演説をあなたは聴きましたか。私は強く感動しました。

 彼女は昨年10月、女性の教育への権利を主張して過激派に銃撃された。国連は16歳の誕生日7月12日を彼女の回復と誕生祝いの「マララ・デー」とし、彼女は歴史に残る演説をした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...