不登校新聞

458号 2017/5/15

親の出番はいつ?

2017年05月12日 12:18 by kito-shin


 春から初夏へと季節は移っていくが、田舎に住んでいると毎日が変化の連続である。ツバメが巣づくりをはじめ、毎日忙しく飛びまわっている。

 子どものことは、あまり大きな変化がないように親には見えるが、子どものほうは少しずつ変化を求めて模索していることが多い。

 すべての子どもが同じように動き始めるわけではなく、その子その子のペースやタイミングで動き出すので、親はあせらずじっくり見守るのがよろしい。急いてはことを仕損じる、とも言う。子どもの自主性は、親の思ってる以上に成長していることがある。むしろ自主性を妨げないほうが肝要だ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

検討会議が込めた願い 不登校の歴史vol.516

516号 2019/10/15

学校へ派遣される弁護士「スクールロイヤー」へ期待できること

516号 2019/10/15

ひといき

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...