不登校新聞

458号 2017/5/15

学校に行かずに子どもは育つ? 23家庭の体験記を一挙紹介

2017年05月12日 13:08 by koguma


 不登校の子どもを対象にした民間施設は一般的にフリースペースやフリースクールなどと呼ばれます。そうした居場所は全国に500カ所弱あり、4196名の小中学生が通っているという調査結果があります。不登校の子どもはおよそ12万人いるとされていることから考えると、大半の子どもは家を中心にすごしている、ということになります。
 
 わが子が不登校になった場合、「せめてどこかに通ってほしい」と考える親御さんは多くいます。「家にいたら基礎学力がつかない」「友だちがつくれない」「社会性が育たない」などの不安が芽生えるがゆえです。
 
 そんなときは、本書を手に取ってください。在宅不登校の家庭を20年以上に渡って支援している「ホームシューレ」が2017年5月に刊行した新著です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

大阪府、兵庫県在住の不登校の子を持つ親は必携の新著『不登校のためのハンドブック』

480号 2018/4/15

春だから感じる哀愁、「春愁」という言葉があるそうです

480号 2018/4/15

変わりゆく不登校政策 冬の時代の雪解けにするために

480号 2018/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...

479号 2018/4/1

中学校には1日も通っていません。25歳のときに生協に就職し、今は生協関連の...

478号 2018/3/15

「ここに名前を書いて印鑑を押せば、息が苦しくなる校門をくぐらなくてすむ、つ...