不登校新聞

458号 2017/5/15

「ふつうとの付き合い方」不登校経験者が宮本亜門さんに聞く

2017年12月11日 12:40 by kito-shin


 宮本亜門さんには本紙「子ども若者編集部」のメンバーも質問した。各々の不登校経験を皮切りに、現在、自分自身が直面している悩みや問題についての意見をうかがった。
 
――私はLGBTで不登校もしました。10代のころから「ふつう」であれば気にかけない学校や異性の世間話についても二重三重の嘘を重ねなければなりませんでした。宮本さんは、どうやって「ふつう」と付き合ってきたのでしょうか。(29歳・男性
 
 「ふつう」なんてありません。それは誰かが勝手につくり出した空想です。
 
 人は全員、顔も考え方もちがうのに「ふつう」をつくりあげてしまうんです。なぜなら自分がほかの人とちがうのが不安だから。僕も「ふつう」に苦しめられてきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「人は病気ではない病にかかる」老師が説く若者の生きづらさの根源

196号(2006.6.15)

「書いて見えたのは世界の輪郭」現代詩のエース・最果タヒの原点

494号 2018/11/15

いじめ問題を取材して20年 報道から見たいじめ調査の問題点

492号 2018/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...

495号 2018/12/1

バンドメンバー全員が不登校経験者という「JERRYBEANS」。そのボーカ...

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...