不登校新聞

367号(2013.8.1)

記者から見たチャイルドライン集計

2013年07月30日 18:08 by kito-shin
 相談内容のうち「雑談」が、2年連続2位に入った。その背景には「無条件の関係の枯渇」が広がっているのではないかと思う。
 
 「スクールカースト」という言葉に代表されるように、子どもは、教室・グループ内での「空気」や「立ち位置」を読んで、求められる役まわりを演じていかなければ、いじめを含めた暴力にたちまち飲み込まれてしまう。頼みの親や教員は、もはや学力支援員でしかないことも多い。無条件、打算抜き、そういう親子・友人関係が薄い。「関係の枯渇」は「こころの枯渇」にもつながっていく。
 
 不登校、ひきこもりも、こうした状況のなかで生まれてきていることに注視したい。
 
 チャイルドラインは、フリーダイヤル化(℡0120・99・7777)されており、18歳以下であれば、無料で利用可能。子どもの孤立を防ぐため、さらなる周知とバックアップ体制の拡充が望まれる。




(東京編集局・石井志昂)

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...