不登校新聞

458号 2017/5/15

不登校の子どもが元気を取り戻す秘訣

2017年05月12日 17:03 by koguma


 ゴールデンウィークが終わりました。遠出もせず、家でのんびりすごした結果、私の体重が過去最高を記録しました。目を背けちゃいけないと気づきました。万歩計を片手にウォーキングを始めるとともに、断腸の思いで、お風呂上がりのアイスを絶っています。

もう何カ月も家にいるのに


 大型連休が明け、世間が動き出す一方、家ですごす子どものようすは以前とあまり変わらなかったりします。不登校は、夏休み明けの2学期から行かなくなることも多く、その場合、もう半年以上も家ですごしていることになります。

 「何カ月も家ですごしているのに、元気になっているようには見えない」と、心配されている親御さんもいるかもしれません。そんなとき、「このままで大丈夫なのかしら」「これまでとはちがう刺激や働きかけをしたほうがいいんじゃないか」といった想いが頭をかすめるかと思いますが、焦りは禁物。「家ですごす」と「元気になる」は、かならずしもイコールではないからです。

元気になる 必要なこと


(写真・林恭子さん)


 「不登校」と「元気」という2つのキーワードをならべるとき、私にはかならず思い浮かぶ人がいます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

「PTAは辞められます」専門家が教える穏便な退会の仕方

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...