不登校新聞

367号(2013.8.1)

「読者オフ会」アンケートより

2013年07月30日 17:09 by kito-shin
・本人の内面の状態がわからない。

・第三者が外へ引き出してほしいが、そういうきっかけはどうつくるのか?

・悟りをひらいて待つしかないのか。

 読者オフ会でいただいたアンケートのうち、ある方が上記のように書いて提出してくれました。アンケートのなかで、もっとも心に残った記述の一つです。
 アンケートを見て、不登校経験者として私は言いたいこともありますが、なにより感じたのが、こういう忌憚のない意見も、もっと送ってもらいたいということです。
 3つの文章、そのどれもが大事な問いだと感じました。東京編集局では「この問いこそ、そもそものスタートだよね」と話し合いました。
 みなさんはどうでしょうか。読んでみて感じたことを編集局までお寄せください。電話、FAX、メールなんでもかまいません。「同じように感じている」「ちょっと違和感がある」「たしかに『待つ』っていつまでなの?」……、内容はなんだってかまいません。一言だけでもかまいません。お返事、お待ちしています。(東京編集局、石井志昂)

●声を募集します。
送付先 全国不登校新聞社
電 話 03-5963-5526
FAX 03-5963-5527
メール tokyo@futoko.org
担 当 石井志昂

関連記事

新スタッフの自己紹介、小熊広宣

199号(2006.8.1)

【公開】樹木希林さん講演録、次号掲載

421号 2015/11/1

【告知】この秋『不登校新聞』、俳優・斎藤工さん登場

417号 2015/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。