不登校新聞

346号(2012.9.15)

【社告】

2013年03月06日 17:45 by kito-shin
『Fonte』4月15日号社告にてお伝えしました通り、本紙は購読部数減少のため、今年度いっぱいで休刊せざるを得ない状況にありました。危機を訴えたところ、新規購読者の増加、購読中止していた方の購読再開など多くのご協力をいただき、休刊回避の目標値に掲げた300部を達成することができました。これにより、来年3月での休刊は回避できる見通しとなりました。みなさまのご支援に、心より感謝申し上げます。

 しかし、今後の購読拡大、そして定期購読の継続が事業継続に必要であることは変わりません。充実した紙面づくりにより一層努力してまいりますので、引き続き、ご購読を継続いただけますよう、よろしくお願いいたします。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...