連載「孫の不登校」 

 数年間、学習をまったくしていない孫が、急に「高校へ行きたい」と言ったときどうするか、について述べてみたいと思います。
 
 祖父母の世代にとって、まったく学習をしなかったのなら「高校受験はムリ」だと考える方は多いと思います。そこで、つい「それならもっとちゃんと勉強しなさい」とか、「どうせムリだからやめたら」と言いたくなるかもしれません。でも、その背景には、自分の受験や、息子・娘たちの受験のイメージが土台になっていませんか。いまは、そのどちらとも状況がちがうことを知ってくださると、お孫さんへの言葉もちがってくると思います。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。