不登校新聞

367号(2013.8.1)

第17回 勉強をしてなければ、高校なんてムリでしょ?

2013年12月25日 11:36 by kito-shin




連載「孫の不登校」 

 数年間、学習をまったくしていない孫が、急に「高校へ行きたい」と言ったときどうするか、について述べてみたいと思います。
 
 祖父母の世代にとって、まったく学習をしなかったのなら「高校受験はムリ」だと考える方は多いと思います。そこで、つい「それならもっとちゃんと勉強しなさい」とか、「どうせムリだからやめたら」と言いたくなるかもしれません。でも、その背景には、自分の受験や、息子・娘たちの受験のイメージが土台になっていませんか。いまは、そのどちらとも状況がちがうことを知ってくださると、お孫さんへの言葉もちがってくると思います。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...