不登校新聞

367号(2013.8.1)

当事者手記「バイト、留学、そのきっかけは」

2013年08月01日 16:05 by kito-shin


 不登校になると、「きっかけ」をよく聞かれる。「不登校になったきっかけ」「昼夜逆転になったきっかけ」「勉強をしようと思ったきっかけ」……。「きっかけ」というものに辿りつくまでには、大なり小なりたくさんの階段があると思う。その階段ひとつひとつに、挑戦、絶望、希望、膨大な不安、などがある。そして「きっかけ」に辿りつくのだ。私の場合、親がつくった「きっかけ」は、どれも途中でだめになった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...