不登校新聞

459号 2017/6/1

いじめが原因、38歳で亡くなった息子

2017年05月30日 11:31 by kito-shin


 私は、創刊のときから「不登校の歴史」欄を担当させてもらっている。地味な欄だが、私は大切だ、と思っている。「不登校の当事者や関係者はみな、こんな状況をくぐってきたんだよ」ということをまずは知ってもらいたい、と思っているからである。

 今は、ウェブの時代となり、どの記事が人気があるか、何回みられているか、即座にわかるようになった。編集部がときどき、それを知らせてくる。動向を知るのに、それは参考になるからいいのだが、歴史欄はよほどの話題性のあることでないと低い。しかし、こんな投書をいただいたりする。

 『不登校新聞』いつもありがとうございます。453号の不登校の歴史を読ませていただきました。15年も前に天国に行ってしまった長男を思い出しています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

大阪府、兵庫県在住の不登校の子を持つ親は必携の新著『不登校のためのハンドブック』

480号 2018/4/15

春だから感じる哀愁、「春愁」という言葉があるそうです

480号 2018/4/15

変わりゆく不登校政策 冬の時代の雪解けにするために

480号 2018/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...

479号 2018/4/1

中学校には1日も通っていません。25歳のときに生協に就職し、今は生協関連の...

478号 2018/3/15

「ここに名前を書いて印鑑を押せば、息が苦しくなる校門をくぐらなくてすむ、つ...