不登校新聞

459号 2017/6/1

いじめが原因、38歳で亡くなった息子

2017年05月30日 11:31 by kito-shin


 私は、創刊のときから「不登校の歴史」欄を担当させてもらっている。地味な欄だが、私は大切だ、と思っている。「不登校の当事者や関係者はみな、こんな状況をくぐってきたんだよ」ということをまずは知ってもらいたい、と思っているからである。

 今は、ウェブの時代となり、どの記事が人気があるか、何回みられているか、即座にわかるようになった。編集部がときどき、それを知らせてくる。動向を知るのに、それは参考になるからいいのだが、歴史欄はよほどの話題性のあることでないと低い。しかし、こんな投書をいただいたりする。

 『不登校新聞』いつもありがとうございます。453号の不登校の歴史を読ませていただきました。15年も前に天国に行ってしまった長男を思い出しています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりから被災地支援へ 気づかぬうちに支えになったもの【書籍紹介】

492号 2018/10/15

馳座長の本音 不登校の歴史vol.492

492号 2018/10/15

ひといき

492号 2018/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...