不登校新聞

459号 2017/6/1

不登校で昼夜逆転、なんでなの?

2017年05月30日 12:05 by shiko


 不登校について15年間取材をするなかで、昼夜逆転をしてきた不登校の人に多く出会ってきました。
 理由としてはPN柚香さんが書いていたように、なんらかの「避けたいこと」がある場合や将来への不安などがあいまって「夜、眠れない」という場合が多かったです。

 子どもが昼夜逆転をすると、親はゲームやスマホを取り上げたくなります。「ゲームがあるから眠れないのではないか」と。残念ながらゲームを取り上げても、朝、起きません。昼夜逆転には理由があり、その結果としてゲームに傾倒していることが多いからです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「中卒はヤバい」ってホント? 実際に中卒の私が経験したその後

492号 2018/10/15

ひきこもり10年の僕が見つけた こもりながら人と交流する方法

491号 2018/10/1

「いってらっしゃい」と言いたくて ひきこもる子を持つ親の本音

490号 2018/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...