不登校新聞

459号 2017/6/1

不登校で昼夜逆転、なんでなの?

2017年05月30日 12:05 by shiko


 不登校について15年間取材をするなかで、昼夜逆転をしてきた不登校の人に多く出会ってきました。
 理由としてはPN柚香さんが書いていたように、なんらかの「避けたいこと」がある場合や将来への不安などがあいまって「夜、眠れない」という場合が多かったです。

 子どもが昼夜逆転をすると、親はゲームやスマホを取り上げたくなります。「ゲームがあるから眠れないのではないか」と。残念ながらゲームを取り上げても、朝、起きません。昼夜逆転には理由があり、その結果としてゲームに傾倒していることが多いからです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学は1カ月しか行かなかった。でも「私は大丈夫だ」と思えた理由

516号 2019/10/15

30歳をすぎてわかった 不登校した私に必要だったことは

516号 2019/10/15

「ひきこもったまま出馬し落選」あきらめて楽しんでる41歳男性の半生

515号 2019/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...