不登校新聞

459号 2017/6/1

不登校で昼夜逆転、なんでなの?

2017年05月30日 12:05 by shiko


 不登校について15年間取材をするなかで、昼夜逆転をしてきた不登校の人に多く出会ってきました。
 理由としてはPN柚香さんが書いていたように、なんらかの「避けたいこと」がある場合や将来への不安などがあいまって「夜、眠れない」という場合が多かったです。

 子どもが昼夜逆転をすると、親はゲームやスマホを取り上げたくなります。「ゲームがあるから眠れないのではないか」と。残念ながらゲームを取り上げても、朝、起きません。昼夜逆転には理由があり、その結果としてゲームに傾倒していることが多いからです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校が倍増する中1ギャップ 15歳当事者が語る「4月の学校」

480号 2018/4/15

学校にも家にも居場所のなかった私がフリースクールをつくるまで【Riz代表 中村玲菜】

480号 2018/4/15

どん底の時期、ラップのリリックに支えられた【不登校経験者手記】

480号 2018/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...

479号 2018/4/1

中学校には1日も通っていません。25歳のときに生協に就職し、今は生協関連の...

478号 2018/3/15

「ここに名前を書いて印鑑を押せば、息が苦しくなる校門をくぐらなくてすむ、つ...