不登校新聞

459号 2017/6/1

「ほめて自己肯定感を高める」というワナ

2017年05月29日 17:32 by koguma


 フェイスブックやインスタグラムなど、ネット上で世界中の人たちと交流できるサービスがあります。文章や写真を投稿すると、見た人から「いいね!」という評価がもらえたりします。「いいね!」がたくさんもらえるとうれしい、というのは、何となくわかります。

不登校と自己肯定感


 不登校と切っては切れないキーワードに「自己肯定感」があります。「ほめることで自己肯定感が高まる」という論調の本を目にすることも多く、親御さんの関心も高まっているのを感じますが、ひっかかる部分もあります。

 ほめるというのは、子どものよいところを見つけてポジティブな声がけをするわけです。でも、よいところを見つけ続けるって、ちょっとしんどくないですか。最初はうまくいったとしても、次第に「ほめるポイント探し」になってしまったとしたら、親子の関係性にゆがみが生じてしまうような気がしてならないんです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...