不登校新聞

460号 2017/6/15

不登校で今こんなこと考えています 新連載「仮説なんですが…」

2017年06月26日 13:24 by kito-shin


連載「仮説なんですが…」vol.1

 本欄「仮説なんですが…」はリレー執筆の連載です(全6回予定)。不登校の当事者、親、支援者、識者らが横並びで、自身が思う「もしかしてこうなんじゃないか」という仮説を紙面で紹介し、議論の幅を広げたいと思っています。ぜひ編集部にも声をお寄せください。

 「私はふつうの学校に通いたかったんだ」と強く訴える不登校経験者と出会った。その人の言う「ふつうの学校」とは、全日制の高校のことを指していた。定時制や通信制の高校と比べて、全日制を「ふつうの学校」と呼び、そこに通えなかった経験を嘆いていた。

ふつうを問うのが不登校なのでは…


 その人と話していて、私はなんともモヤモヤした感覚を覚えた。私はむしろ「ふつうの学校」には二度と行きたくないと思っていた。私も不登校をし、フリースクールやオルタナティブスクールの活動に触れ、実際、通ってもいた。「ふつうの学校」の抑圧性や暴力に気づき、「ふつうの学校へ」と固執することをバカバカしいと思うようになっていたからだ。「学校に行く」という当たり前を批判的に問い直して、学びをもっと幅広く捉える。そういうことをしたほうが、もっと生きやすい社会を実現できるのではないか。「ふつうの学校に行きたい」と考えている人もそうするべきだろうと思っていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校とは「学校アレルギー」説 【仮説なんですが】

471号 2017/12/1

「生きづらさ」に「自己肯定感」など“便利な言葉がやっかい”説

470号 2017/11/15

逃げたあとで「逃げてしまったダメな自分」からも逃げるのが大事説

469号 2017/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

471号 2017/12/1

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(著...

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...