不登校新聞

460号 2017/6/15

ひきこもりの人が好きなことを見つけるコツは?

2017年06月12日 16:24 by kito-shin


連載「あのとき、答えられなかった質問」vol.10

 「好きなこと、やりたいことがないのですが、どうしたらいいでしょうか?」と聞かれれば「まずは嫌いなものから考えてみては」と答えます。
 
 当事者はときおり「好きなことだけでもやってみれば」と言われます。でも、「好きなこと、やりたいことがない」という当事者も多いんです。
 
 「好きなことがない」というのは、私自身、感覚的に理解できないところがあります。私は音楽が好きで、今でもたまにフリージャズのライブに行ったりもします。この齢までずっと音楽を追い続けているのは「エレキは不良がやるもの」というような親の元で育ったからかもしれません。禁止されたものほど人間は執着するんですよね。もし中学校時代にプレーヤーが買えて、同年代の友だちのようにロックのレコードが聴けたら、30年あまりも『ミュージック・マガジン』を1号も欠かさず買い続けることはなかったかもしれません。母の思惑とはまったく逆の結果になってしまったなと(苦笑)。ひるがえって現在のように情報や物にあふれ、タブーも少なくなった時代ほど、好きなものを見つけるのが難しいのかもしれません。
 
 哲学者・竹田青嗣氏が言うように人間の行動は欲望が原動力となります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

“脱ひきこもり”のきっかけは? 経験者の回答

470号 2017/11/15

ひきこもったこと、後悔してる? 経験者の回答は

469号 2017/11/1

ひきこもりの必読書~ひきこもり経験者厳選の3冊

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...