不登校新聞

460号 2017/6/15

ひきこもりの人が好きなことを見つけるコツは?

2017年06月12日 16:24 by kito-shin


連載「あのとき、答えられなかった質問」vol.10

 「好きなこと、やりたいことがないのですが、どうしたらいいでしょうか?」と聞かれれば「まずは嫌いなものから考えてみては」と答えます。
 
 当事者はときおり「好きなことだけでもやってみれば」と言われます。でも、「好きなこと、やりたいことがない」という当事者も多いんです。
 
 「好きなことがない」というのは、私自身、感覚的に理解できないところがあります。私は音楽が好きで、今でもたまにフリージャズのライブに行ったりもします。この齢までずっと音楽を追い続けているのは「エレキは不良がやるもの」というような親の元で育ったからかもしれません。禁止されたものほど人間は執着するんですよね。もし中学校時代にプレーヤーが買えて、同年代の友だちのようにロックのレコードが聴けたら、30年あまりも『ミュージック・マガジン』を1号も欠かさず買い続けることはなかったかもしれません。母の思惑とはまったく逆の結果になってしまったなと(苦笑)。ひるがえって現在のように情報や物にあふれ、タブーも少なくなった時代ほど、好きなものを見つけるのが難しいのかもしれません。
 
 哲学者・竹田青嗣氏が言うように人間の行動は欲望が原動力となります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりの必読書~ひきこもり経験者厳選の3冊

468号 2017/10/15

「居場所ってどういう場なんですか?」ひきこもり経験者の答えは

467号 2017/10/1

ひきこもりに「働け」と言っても意味がない理由

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...