不登校新聞

460号 2017/6/15

“死にたいの解決方法は” 不登校経験者が風見穏香さんに聞く

2017年06月12日 16:41 by kito-shin


 風見穏香さんの取材を企画したのは、「子ども若者編集部」の水口真衣さん。以前からあこがれていた風見さんに自身の悩みについての意見をうかがった。

――風見さんはいまも「生きにくい」と言っていましたが、それでもずっと歌い続けるのはなぜですか。

 自分にできることが歌しかないからです。もう「好き」っていう言葉じゃ言い表せないほど、私にとって歌は生きていくのに必要なものだと思うんです。それを最初に感じたのは、大好きだった「ゆず」のライブに初めて行ったときでした。体にビビっと稲妻が走って「私がやりたいのはこれだ!」って思ったんです。
 でもそれから、人前で歌えるようになるまでには、すごく時間がかかりました。私の歌を人に聞かせて「全然よくない」「才能ないよ」と言われるのがすごく怖かったんです。それは「死ね」って言われるのと同じことだから。

人前で歌う何度も挫折して


 人前で歌えるようになった最初のきっかけは、5年ほど前に、沖縄に一人旅に行ったこと。旅先で歌ってみようと思っていたんだけど、ツアーの直前でやっぱり怖くなってギターを送り返しちゃったんです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

風呂に入らず、昼夜逆転も、私のひきこもりが自然に終わった理由

502号 2019/3/15

「不登校の時間をクリエイティブに」美術家・風間サチコさんに聞く

502号 2019/3/15

教育機会確保法成立から2年 “提案型の社会”に必要なことは

499号 2019/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...