不登校新聞

460号 2017/6/15

“親と子はいつだって両思い” 生きづらい系シンガーソングライター風見穏香

2017年06月14日 11:36 by kito-shin


 不登校経験者であり、「生きづらい系シンガーソングライター」として活動する風見穏香さんにインタビューした。自身の体験や親へ思うことなどをうかがった。

――不登校経験について聞かせてください。

  短い期間ではあるんですが、小学6年の5月から夏休みのあいだ、学校に行けませんでした。学校に行くと、給食の時間に急に泣き出しちゃって止まらない、ということが何日も続いたんです。それで母親の「行きたくないなら行かなくてもいいよ」の一言から学校に行くのをやめました。
 
 それまでの私は、男の子たちといつもつるんでいて、いわゆる元気いっぱいでわんぱくな女の子だったのに、まさか学校に行けなくなるなんて、自分でも信じられなかったです。それまでいっしょに遊んでいた男の子たちにどう思われているんだろうっていうのが怖かったですね。
 
 どうして急に泣き出しちゃうのか、はっきりした原因はわからないんですが、思いつくことはいっぱいあります。家庭環境がたいへんだったり、仲のよかった親友とクラスが離れちゃったり、さらに初めて男性が担任の先生になったり。本当にちっちゃなことの積み重ねで、がまんの糸が切れちゃったんだと思います。学校に行かなくなってからも、ずっと家で泣き続けていたらしいです。まあ、それで肺活量が鍛えられて、いま良い声が出るようになったのかもしれないんですけど(笑)。

"学校に行こう”一言も言わずに


 学校に行けなくなってから、幼稚園のときに仲のよかった子たちが突然、毎日家に来るようになりました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

働けない人へ「100%大丈夫です」FDA代表・成澤の提案

471号 2017/12/1

ビリギャルが「偏差値の上げ方」よりも伝えたかったこと【不登校経験者が聞く】

471号 2017/12/1

今までの自分を捨てることで、広がる可能性だってあるんだ 中性漫画家・新井祥さん

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

471号 2017/12/1

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(著...

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...