私は父の仕事の関係で、小学生の6年間を東南アジアの1年中、夏の国で育った。日本への帰国は中学1年生。入学した中学校は、まるで軍隊のような公立中学校だった。両親は「公立中では帰国子女は目立っていじめられやすい」という理由で近所の私立中を受験させることも考えていたらしいが、よくよく調べると、その私立中のほうが「いじめがある」とわかり、公立中に入学することになった。

 入学後、私は数々の衝撃を受けた。「靴下はかならず3つ折りにする」という規則、先輩後輩という関係、体育教師の横暴、いろんなことに戸惑ったが、いじめられないため、なるべく目立たないように生きてきたつもりだった。しかし、私の入った中学校は、転校生などもほとんどいないため、私が帰国子女だったことはバレバレだったらしい。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。