不登校新聞

359号(2013.4.1)

帰国子女からの不登校

2013年08月06日 16:00 by kito-shin

 私は父の仕事の関係で、小学生の6年間を東南アジアの1年中、夏の国で育った。日本への帰国は中学1年生。入学した中学校は、まるで軍隊のような公立中学校だった。両親は「公立中では帰国子女は目立っていじめられやすい」という理由で近所の私立中を受験させることも考えていたらしいが、よくよく調べると、その私立中のほうが「いじめがある」とわかり、公立中に入学することになった。

 入学後、私は数々の衝撃を受けた。「靴下はかならず3つ折りにする」という規則、先輩後輩という関係、体育教師の横暴、いろんなことに戸惑ったが、いじめられないため、なるべく目立たないように生きてきたつもりだった。しかし、私の入った中学校は、転校生などもほとんどいないため、私が帰国子女だったことはバレバレだったらしい。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...