不登校新聞

462号 2017/7/15

「就学義務のあり方」検討へ 不登校の歴史vol.462

2017年07月13日 12:26 by kito-shin


 いま、2014年夏の不登校関係のできごとについて述べている。「超党派フリースクール等議員連盟」の誕生、「教育再生実行会議」の第五次提言、20歳になった不登校生徒の追跡調査、などを取り上げたが、総じて、いままでの学校復帰政策とは違う空気を感じる夏だった。

 とくに、首相の諮問機関である「教育再生実行会議」の提言は、政府の責任で実行されていくので注目されていたが、はじめて、フリースクールやインターナショナルスクールなどの学校外の教育機関を取り上げ、しかも、就学義務や公費負担のあり方を含め、その位置づけを検討する、というのである。

 これは、とても大きい変化であった。これまで、不登校が激増したまま、莫大な予算と人をつぎこんで学校復帰させようとした文科省であったが、効果があったとは言えず、学校以外を活用する子は増えてきている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...