不登校新聞

462号 2017/7/15

対話ブームが、なんだかモヤっとする【連載/仮説ですが】

2017年07月13日 15:23 by kito-shin


連載「仮説なんですが…」vol.3

 最近いろいろなところで「対話」が注目されている。あちこちで対話をキーワードにした集まりが開かれ、多くの人が参加しているようだ。「ひきこもり治療の第一人者」である斎藤環さんも、精神医療の新しい可能性を拓く手法として「オープンダイアローグ」に惚れ込んでいるらしい。また、本紙編集長も自分の講演会で対話形式を採り入れていると聞く。

 しかし、私はこのムーブメントに乗り切れないでいる。対話が大切にされるようになったのはとても良いことだと思っているが、それでも昨今の盛り上がりにはいまひとつ乗れないのだ。

 このところ人気を集めている「対話」の強調点は2つあると思う。1つは、「ひきこもり」に関わる多様な人たちが一堂に会し、立場を超えて語り合うこと。もう1つは、そういうやりとりを通して、世間の常識や従来の「ひきこもり」のイメージにとらわれない新しい何かを生み出していくこと。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもが乱発する無愛想な返事、もしかして理由があるのでは

509号 2019/7/1

ひきこもりは自己治療説【仮説なんですが】

507号 2019/6/1

「不登校を抜けるきっかけ」親の提案が子どもにウケない理由

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...