不登校新聞

462号 2017/7/15

ひきこもり当事者の気持ちの決定版

2017年07月13日 15:29 by koguma


 ひきこもり時給2000円――。「働いていないのに時給って、なんだそれは?」と思われるかもしれませんが、提唱しているのが本書の著者である岡本圭太さんです。「かりに給料を苦痛の対価とするなら、ひきこもりのつらさは時給2000円もらわないと、わりに合わない」という、岡本さん自身の実感に基づく造語なんです。
 
 現在、岡本さんは「若者サポートステーション」という、働くことに困難さを抱えている若者を対象に就労支援などを行なう機関で働いています。ここでおもしろいのが、岡本さん自身、かつては生粋のひきこもりだったということ。
 
 本書ではその経験はもとより、ひきこもっていた当時、どんなことを考えていたのか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...