不登校新聞

462号 2017/7/15

明日行くと言ったのに起きてこないのはなぜ?【不登校Q&A】

2017年07月13日 17:52 by kito-shin


連載「親のための不登校Q&A」vol.23


 「明日は学校へ行く」「午後から学校に行く」そう言いながら、そのときになったら、やっぱり行かない。

 「もうゲームはやめる」「勉強する」と言っても、結局はそのとおりにはならず、親としては「自分で言ったでしょ!」と怒ったり「なんで嘘つくの!」と責めたりしてしまうことってありますよね。

 本人の言うことがコロコロ変わったり、言ったとおりにやらず、「何を考えているかわからない」「嘘ばっかりつく」という話もよく聞きます。

 わが家の場合も、休み始めのころは、長男も次男も「明日は行くよ」とよく言っていたように思います。「明日は行くから、朝、絶対起こして」とも。それで行ったときもありますが、だんだん行けないことのほうが増えました。

 言うことが変わるのは、学校へ「行く」「行かない」だけではありません。昼夜逆転生活が始まったころも、「明日は朝、起きるから」と息子たちは言うのですが結局、起きてこず。「勉強したい」と言い出したので通信教材を買ったけれどまったく手がつかず。そんなこともありました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校は終わらない?【不登校Q&A/最終回】

469号 2017/11/1

不登校、いつまで待てばいいの?【Q&A】

468号 2017/10/15

子どもが不登校、私の人生はどうなるの?【不登校Q&A】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...