不登校新聞

463号 2017/8/1

不登校、夏の鬼門は「里帰り」です

2017年07月27日 16:19 by shiko



 夏休みは不登校にとって「平穏」が帰ってくることを意味する。
 
 もちろん、新学期に向けて塾通いや生活習慣の乱れを正そうとされて苦しむ人も多いが、やはり「みんなが学校へ行ってない」と思えるため、穏やかな気持ちになる。
 
 だがしかし、一つだけ「夏休みの鬼門」がある。それが里帰りだ。孫の里帰りを待ち遠しい家もあるだろう。
 
 しかし、焦らないでいただきたい。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...