不登校新聞

463号 2017/8/1

不登校、夏の鬼門は「里帰り」です

2017年07月27日 16:19 by shiko



 夏休みは不登校にとって「平穏」が帰ってくることを意味する。
 
 もちろん、新学期に向けて塾通いや生活習慣の乱れを正そうとされて苦しむ人も多いが、やはり「みんなが学校へ行ってない」と思えるため、穏やかな気持ちになる。
 
 だがしかし、一つだけ「夏休みの鬼門」がある。それが里帰りだ。孫の里帰りを待ち遠しい家もあるだろう。
 
 しかし、焦らないでいただきたい。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

遠藤まめたのエッセイ「するっと道が開けるとき」

486号 2018/7/15

法案つくるも議連なし 不登校の歴史vol.486

486号 2018/7/15

かがり火

486号 2018/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...