不登校新聞

463号 2017/8/1

不登校、夏の鬼門は「里帰り」です

2017年07月27日 16:19 by shiko



 夏休みは不登校にとって「平穏」が帰ってくることを意味する。
 
 もちろん、新学期に向けて塾通いや生活習慣の乱れを正そうとされて苦しむ人も多いが、やはり「みんなが学校へ行ってない」と思えるため、穏やかな気持ちになる。
 
 だがしかし、一つだけ「夏休みの鬼門」がある。それが里帰りだ。孫の里帰りを待ち遠しい家もあるだろう。
 
 しかし、焦らないでいただきたい。

 

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

ひといき

464号 2017/8/15

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...