不登校新聞

349号(2012.11.1)

シンポジウム、バンド演奏、スポーツ……フリフェス2012が開催中

2013年08月12日 12:04 by shiko

フリースクールってどんなところ?
子ども発の企画が満載

 「フリースクールフェスティバル2012」(主催・NPO法人フリースクール全国ネットワーク、以下フリネット)の全国フェスティバルが11月23日(金・祝)、東京にて開催される。

 「フリースクールフェスティバル」とは、言い換えれば「フリースクール版文化祭」だ。フリースクールに通う子どもたちで実行委員会を組織し、企画立案している。「フリースクールに通う子どもたちが、ふだんどのような活動をしているのか」を広報すべく、11月23日の全国フェスティバルでは、①不登校の子どもによるシンポジウム、②シーバルク、③ポニー乗馬、④バンド演奏、⑤作品展示などのプログラムがあり、全国からおよそ20のフリースクールが集まる予定。

 特色豊かに各地で開催

 すでに終了しているものを除くと、11月は全国5カ所で開催される。北海道フェスティバルは11月9日(金)、北区民センター(札幌市)にて行なわれる。バンド演奏やダンスなど、日々の練習の成果発表に加え、作品展示を行なう。

 大阪フェスティバルは11月17日(土)~18日(日)、パナソニックベースボールスタジアム(枚方市)で行われる。内容は野球大会で、スポーツを通じて参加者どうしの交流を図る予定。

 千葉フェスティバルは同じく11月17日(土)、フリースペースネモ(船橋市)にて行なわれる。キックベースや「不登校身体測定」のほか、「フリースペースネモ」を体験することもできる。また、映画「不登校なう」の上映やシンポジウム「若者と語る不登校」など大人向けのプログラムもある。

 新潟フェスティバルは11月18日(日)、フリースクールP&T新潟校(新潟市)で行なわれる。大人向けに「発達障害」に関するシンポジウム、子ども向けにスタンプラリーやカードゲーム広場などが予定されている。

 長崎フェスティバルは11月18日(日)、長崎県民の森(長崎市)で開催される。不登校に関する講演会やパネルディスカッションのほか、「石窯づくり」などを行なう。

 学校外の居場所 多種多様に存在

 「学校外の居場所」と呼ばれるフリースクールやフリースペースは、北は北海道、南は沖縄と日本全国にあり、「フリネット」には47団体が加盟している。学校に行かない子どもの学びの場・育ちの場として、独自の教育観に基づいて運営されており、なかには高卒資格が取得できるフリースクールもある。「進路の一つとしてフリースクールを考えているが、説明会や見学会にいきなり子ども連れて行くのはちょっと」という場合、こうしたイベントから参加するのも一案である。各地の詳細については下記を参照のうえ、お問い合わせを。


関連記事

『不登校新聞』らが共同メッセージ発信 「9月1日」の子どもの自殺に向けて【公開】

465号 2017/9/1

行政からも求められる「不登校の中間支援組織」 千葉で新たに設立

465号 2017/9/1

小中高生の自殺 原因は「学校」10年連続トップ

457号 2017/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...