不登校新聞

463号 2017/8/1

書籍紹介『日本のシュタイナー学校が始まった日』

2017年07月27日 12:32 by motegiryoga


 「私はなぜ不登校児になったのか」と小学生のころから考えてきました。みなさんも一度は自問したことがあるのではないでしょうか。

 一般的には、学校という場所に通えなくなることを不登校と呼びます。そのため、ふつうならば、学校に行けなくなって初めて別の場所を探すことになります。けれど、私の場合、別の場所が先にあり、それに付随して「不登校」になりました。

 1990年、小学3年生のとき、私は東京・早稲田にある「東京シュタイナーシューレ」(「学校法人シュタイナー学園」の前身校)で学びはじめました。そこはアジアで最初のシュタイナー教育を全日制で実践する現場でした。

"不登校”だとみなされ


 当時、シュタイナーシューレは法的には学校ではなく、無認可のオルタナティヴ・スクールでした。学籍のある学校には2年以上登校しなかったので、「学校」に通っているとはみなされず、私は知らぬ間に、「不登校児」となっていたのです。私は私の通学先が「学校」ではなく、私が「不登校」という位置づけになっていると知ったときには、深く傷つきました。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

ひといき

464号 2017/8/15

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...