不登校新聞

463号 2017/8/1

書籍紹介『日本のシュタイナー学校が始まった日』

2017年07月27日 12:32 by motegiryoga


 「私はなぜ不登校児になったのか」と小学生のころから考えてきました。みなさんも一度は自問したことがあるのではないでしょうか。

 一般的には、学校という場所に通えなくなることを不登校と呼びます。そのため、ふつうならば、学校に行けなくなって初めて別の場所を探すことになります。けれど、私の場合、別の場所が先にあり、それに付随して「不登校」になりました。

 1990年、小学3年生のとき、私は東京・早稲田にある「東京シュタイナーシューレ」(「学校法人シュタイナー学園」の前身校)で学びはじめました。そこはアジアで最初のシュタイナー教育を全日制で実践する現場でした。

"不登校”だとみなされ


 当時、シュタイナーシューレは法的には学校ではなく、無認可のオルタナティヴ・スクールでした。学籍のある学校には2年以上登校しなかったので、「学校」に通っているとはみなされず、私は知らぬ間に、「不登校児」となっていたのです。私は私の通学先が「学校」ではなく、私が「不登校」という位置づけになっていると知ったときには、深く傷つきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...