不登校新聞

463号 2017/8/1

スクールカースト、新年度前に「ほぼ決定」説 鈴木翔

2017年08月20日 11:59 by shiko


連載「仮説なんですが…」vol.4

 「スクールカースト」という言葉を知っているでしょうか。
 
 役職や年齢に上下関係がないはずの教室内で権力関係が成り立っている構造のことを指します。私は「スクールカースト」が集団内でどのように認識されていくのかについて研究しています。中高校生や大学生のみなさんにお話を聞いていくと、多くの方がクラスという枠組みのなかでどんな権力関係があるのか(あるいはあったのか)ということをお話してくれることがよくあります。
 
 私はこれまで、無意識のうちに、クラス替えがあって、新学期が始まって、クラスのなかでいろいろな出来事があって、それにともなって人間関係の変化があって、そうしたなかで徐々に「スクールカースト」を認識していくのだろうということを勝手に想定して研究を進めていました。
 
 しかし最近、もしかするとクラスのメンバー構成自体がはじめから「スクールカースト」が成り立ちやすいような構成になっているのではないか、と思う出来事がありました。先日、機会があって、生徒数の多い中学校に勤務する先生から、クラス替えについて、こんなことをお聞きしました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フツーの子と不登校の子、ちがいは「ほぼない」説

468号 2017/10/15

「いまここが最強の居場所」説 社会学者・関水徹平

467号 2017/10/1

不登校からの青春問題 「リア充はくだらねぇと言ってもムダ」説

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...