不登校新聞

463号 2017/8/1

スクールカースト、新年度前に「ほぼ決定」説 鈴木翔

2017年08月20日 11:59 by shiko


連載「仮説なんですが…」vol.4

 「スクールカースト」という言葉を知っているでしょうか。
 
 役職や年齢に上下関係がないはずの教室内で権力関係が成り立っている構造のことを指します。私は「スクールカースト」が集団内でどのように認識されていくのかについて研究しています。中高校生や大学生のみなさんにお話を聞いていくと、多くの方がクラスという枠組みのなかでどんな権力関係があるのか(あるいはあったのか)ということをお話してくれることがよくあります。
 
 私はこれまで、無意識のうちに、クラス替えがあって、新学期が始まって、クラスのなかでいろいろな出来事があって、それにともなって人間関係の変化があって、そうしたなかで徐々に「スクールカースト」を認識していくのだろうということを勝手に想定して研究を進めていました。
 
 しかし最近、もしかするとクラスのメンバー構成自体がはじめから「スクールカースト」が成り立ちやすいような構成になっているのではないか、と思う出来事がありました。先日、機会があって、生徒数の多い中学校に勤務する先生から、クラス替えについて、こんなことをお聞きしました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

全員歓迎のハイテンションが通いづらさを生む説

486号 2018/7/15

「蘇我馬子は生きている」説【仮説なんですが】

483号 2018/6/1

人は誰でも「三年寝太郎」説【仮説なんですが】

482号 2018/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...